看護師についてを記します

色々な事柄を記載していこうと思います。
長々となってしまうかと思いますがお付き合いくださいませ。

給料はどこの病院に勤めるかでピンからキリまであります。
給料を重視するならばきちんと調べてから就職活動をしましょう。
やりがいを求める方やプライベートな時間を十分確保したい方もきちんとした下調べが必要ですね。
何を求めて看護師をしているのかは人それぞれです。

看護師のキャリア

米国の看護師の平均年収は43,000ドル以上で、看護師麻酔医の33,000ドルと比較しても遜色ありません。
また、看護師の年収は30,000ドル以上ですが、医療助手は25,000ドル、薬剤師は27,000ドルとなっています。
以下に、さまざまな看護師のキャリアの例を挙げます。

メディカルナース

メディカル・ナースは、身体に対する検査や治療を行い、医師と協力して臨床に臨みます。フルタイムの仕事で、医療分野の学位と通常5年の経験が必要です。

看護師 麻酔科医

看護麻酔科医は、患者に麻酔を提供する資格を持つクリティカルケア医療の専門家です。

歯科麻酔医

歯科麻酔医は、歯に問題を抱える患者の一次診療を担当し、歯の基本的な清掃、クリーニング、抜歯などを行います。人の歯をきれいにしたり磨いたりするのが得意な人は、この分野でのキャリアを考えてみてはいかがでしょうか。

医師のアシスタント

医師のアシスタントは、歯科医療の現場では欠かせない存在です。

看護師になるためには

あれこれ言っても看護師なるためには国家資格を通らなければなりません。国家試験の受験資格は看護学校を卒業することです。なので、まずは看護学校に入学しなければなりません。看護学校に入学するには義務教育で培ってきた算数や国語のお勉強をしなければならないのです。お勉強を教えてくれる予備校や塾の中には看護・医療系の学校へ合格させることを得意としている予備校や塾もあります。こういったところの塾や予備校をリサーチして勉強を進めていくとスムーズかもしれませんね。